人生のコーデが変わるカラーコーディネーター

カラーコーディネーターとは

 

カラーコーディネーターとは住居やレストラン、ホテルなどのインテリアからショップの商品やディスプレイのデザインや建築、ファッションやメイクまで色彩・配色についてコーディネートする専門家のことです。

 

色はあらゆる物や人、職業や場所などのイメージをみせる重要なツールです。
カラーコーディネーターになるためには検定試験を受ける必要があり、3級から1級までを主に産業目的に活用する能力を判定、認定。試験名の『カラーコーディネーター検定試験』は東京商工会議所の登録商標であり、各地域の商工会議所に広がる民間の検定試験です。

 

関連する資格

カラーデザイン検定

ICD国際カラーデザイン協会が実施しているカラー検定試験。世界標準のカラーシステムPantoneを使用し学べる内容になっており、初心者でもプロダクトデザイン、インテリア、ファッション、Web、などの仕事で応用できる知識が身につく、3級〜1級まである検定です。

 

色彩検定

社団法人全国服飾教育者連合会(A・F・T)が主催する、ファッションコーディネート色彩能力検定試験。
文部科学省認定で、3級〜1級まであります。

 

TOCOL(トーコル)

Test of Color and Lightの略称で、色と光の能力テスト。
専門スキルや資格を社会で活かすため、デジタルやユニバーサルデザインなどの色と光について体系的に学び、「知識の学び方」を身につける2つのキャリアプランが用意されており、専門知識とプロフェッショナルとして実践で使えるよう学ぶ『TOCOLカラープランナー』と、専門知識や学び続ける大切さを探求、知識の活かし方を教える『TOCOL認定講師』があります。

 

色彩士検定

全国美術デザイン専門学校教育振興会(ADEC)が主催するカラーマスターの検定試験です。3級〜1級があります。

 

トータルで考えると、カラーコーディネーターが様々な職や趣味に活かせる称号を持ち合わせているので迷わず選べるでしょう。
食から家具、服などのコーディネートセンスの向上、プライベートからビジネスシーンなど、様々なシーンで色を効果的にコーディネートできるので、毎日の生活も華やかに楽しくなる資格です。