カラーコーディネーター2級を合格するための勉強法は3つあります。

 

  1. 独学で学ぶ
  2. 通信講座で学ぶ
  3. セミナーに通って学ぶ

 

1のメリットは勉強する時間など自分で調整でき、マイペースで進めること。
デメリットは合格まで何ヶ月何年かかるかわからないことや、テキストや問題集など集めることから始まり、過去問の分析などもしなければならないこと。

 

2のメリットは時間など自分で調整でき、過去問からの分析や試験主催の東京商工会議所のデータをもとに教材を作り上げているので、適切で効率のいい勉強法である。教材なのでいらない場合でもクーリングオフ期間があること。
デメリットはどこかに通うわけではないので、スケジュール通りに学べるかは自分次第な部分。

 

3のメリットはセミナー会場に行くだけで学べること。
デメリットは教材やセミナー費、交通費等などの費用がかさむことや、忙しい場合受講料だけ払って通わなくなること(1度払った受講料は返金してくれないセミナーもあるので要注意)。

 

あなたは合格のためにどれを選びますか?
圧倒的に選ばれるのは2番ですが、2級を合格するためなら1番の「独学で学ぶ」はオススメできません。専門分野過ぎて独学だと途中で挫折してしまう人が多いからです。どの方法を選択するにしても自分自身が学ぶ時間を1日の中で確保することから始まります。

 

 

【スケジュールを立てる】

カラーコーディネーター3級より2級をとった方がいい理由は、就職や転職などに活かせるからです。
そのためにはまず試験日より逆算して計画を立てましょう。基本的に1年に2回検定試験があります。そこから逆算して6ヶ月や3ヶ月で勉強するなど決め、通信講座をとるかセミナーに通うかを選びましょう。どちらもスケジュールのプランニングには相談にのってくれますがセミナーの場合、全体講義なので授業は個人の都合には合わせることはなかなか難しくなります。その点、通信講座ならあと2ヶ月後に試験がある!なんて時でも自由に組み立てることができます。通信講座なら悩むことなく2級合格へ向かえますね!

 

 

【書く!見る!聞く!】

2級の検定試験には色彩についての色合い判断や計算なども含まれてきます。なのでテキストなどを読むだけでなく、見ながら言葉にだして書くことで覚え、さらにDVDなどで映像と音で聞くことも脳に残るので「書く!聞く!見る!」を最大限に活かし合格を目指しましょう!